出会い系サイトでセックス相手を見つけてセフレにする流れ。

出会い系サイトでセックス相手を見つけて、それからセフレにすることって結構簡単なんです。実際に出会い系サイトに登録してセフレを作った男性は約7割はいるそうです。結構な高い確率なので皆も結構で切ると思います。実際にセックス相手を見つけてセフレを作るまでの流れを見て行きましょう。

出会い系サイトに登録をしてアダカテに行く。

まずはじめに出会い系サイトに登録をして大人の出会いができる掲示板に行きます。もちろん大人の出会い系を求めてなくても真面目な出会いはできるので安心してください。しかし、出会い系サイトを使うにはやはりセックスがしたいものだと思います。

アダカテに行き好みの女性を見つけたらまずはジャブ程度にメールを送ってみましょう。ここでいきなりセックスと言うのはちょっとかっこ悪いですよね?男からしたら女性にいきなりセックスさせてくださいと言われれば嬉しいのですが女性はそうではないようです。

ファーストメールが重要になる。

出会い系サイトでメールを送る際に重要になるのが初めのメールだと言われています。このメールを失敗するとその女性とはセックスが出来ないかもしれません。もちろんセフレにもならないです。そこで、見て欲しいのはその相手のプロフに何が書いてあるか?です。

趣味や住んでいる地域、職業などが書いてありますよね?そのことをネタにしてメールを送るといいでしょう。もちろん軽い挨拶も忘れてはいけませんが、相手が返信をしやすいようにメールを送るといいでと思います。必ず最後は聞いて終わることが1番望ましいと思います。

出会ってからセックスをするまで

出会い系サイトでは初めて出会うとき場所が大事だと言われています。人通りが多いとこが女性は安心して待って居られるようです。またわかりやすい格好をしているとさらに良いでしょう。もし出会って好みではなかったらそのへんでお茶でも飲んで帰ることをおすすめします。

もしセックスがしたい相手ならばまず、お酒を飲ませることが1番簡単な方法です。お酒を飲むと女性もエロくなりセックスがしやすくなります。逆にお酒の力を借りないとセックスが出来ない女性もいるからです。1番効果的で簡単なのはお酒を飲むことでしょう。もちろん無理に飲ませてはダメです。

セックスをしてからセフレにする方法

セフレを似するには絶対に自分が惚れないことです。恋愛も一緒ですが惚れてしまっては負けなのです。逆に惚れさせることでセフレになるわけですが、惚れられすぎて女性がストーカーみたいになる可能性もあるので気をつけてください。惚れずに上手い距離を保つことがセフレにする重要なことだと言えます。