女顔の私がセフレ掲示板でちょっとSな女性と出会ったらこうなる!?

男性は成長するほど文字通り『男らしく』なりますよね?ですが、『中性的』と呼ばれる男性も世の中にはいるように、私もそれだったのです。つまりは『大人になっても変わらない女顔』でして、20代になった今でも男らしい感じではないんですよね…。

高校生になる頃、周囲の男友達はみんな男らしくなっていましたが、私は全然でした。体毛は薄いし、顔立ちは相変わらず女っぽいし、声もあまり低くなりません。そのため、女子からは『ちゃん付け』で呼ばれてまして、「○○ちゃんって、あたしらよりも女子力高そう!」なんてからかわれることもありました。

ですが、私も立派な男でして、性欲はむしろ強いほうだと思います。私の前だと女子も無防備になることが多いため、パンツやら胸やらがチラチラと見えてまして、おかずに困ることはありません。というか、おかずが多すぎてしょっちゅう勃起していたから、うれしい反面悩ましい状況でしたね。

社会人になっても女顔ではありますが、今はセフレ掲示板を使ってセックスを楽しんでおり、昔よりかは男らしくなったかな?なんて思っています。学生の頃から強かった性欲は健在でして、今は好きなだけセフレと楽しめるから、いい状況だと思っていたのですが…。

セフレ掲示板で『ちょっとSな女性(以下ミサ)』と出会ってからは、少しだけ不本意なセックスをさせられています…不本意と言ってもいつも気持ちよくしてもらっているから、性欲解消で言えば文句はないのですが…。

ミサはちょっとSと書いたように、男性をいじめるのが好きです。また、「可愛い男の人が恥じらっている姿を見ると、それだけで濡れちゃうよね…」と話しているように、ミサにとって私は『理想的でいじめ甲斐のある男』だったのですね。

セフレ掲示板で写メを交換するとすぐに会いたがってくれて、「もしかして、こういう顔が好きなのかな?」なんて期待しました。それは間違っていないのですが、ミサの好みのタイプであれば、どんなことをされるかはお察しですね。

ラブホテルに向かうとミサはセーラー服(女性用)をレンタルして、「これを着てみて!絶対似合うから!」と迫ってきたのです。そう、ミサは『可愛い男に女性をさせて、恥ずかしがっている姿を見るのが大好き』という女性だったから、私は格好の獲物でした。

その勢いに負けて着たところ、ものすごく恥ずかしかったのですが…ミサは「ヤバい、マジで似合う…今日はずっと可愛がってあげるからね…」といい、その言葉通り私から絞り取ったのです。

私はMじゃない…のですが、ミサの攻めは恥ずかしいのに気持ちよく、全然逆らえないんですよね…。