お堅い仕事をしていても性欲はあるので掲示板を使います

私の仕事は、とある習い事の師範です。
詳しい内容は伏せますが、習い事で師範という立場もあり、普段はそれなりに立ち振る舞いについても気をつけています。別にそこまでしなくてもいい…のですが、やっぱりイメージは大切です。

習い事を始める人たちは師範という立場の人に対して過剰な期待を抱くため、それに応えるかどうかは仕事の量に関係してきます。実際は師範と言っても人間ですし、昔から上手いわけではないのですが、それを感じさせないのも仕事のうちです。

そんなわけで、仕事中の私は(自分で言うのも恥ずかしいですが)畏敬の念を集めているものの、プライベートまで堅苦しいわけではありません。服装だって普通にだらしないですし、家の中だと裸でウロウロすることもあります。

更に言うなら、女遊びも大好きです。お堅い人ほど色恋沙汰とは無縁そうに見えますが、それだと後継者問題などもありますし、実際はそれなりに楽しんでいるものでしょう。そもそも日本の伝統芸能に携わる男性たちは好色であるように、古い世界に生きていてもセックスはしたくなります。

女遊びをするなら風俗を使うのもいいですが、私は掲示板で相手を探すことが多いです。師範なんて肩書きがあるとお金持ちに間違われそうですが、実際に裕福なのは一握りであり、師範であっても節約が必要な人はたくさんいます。

なので、一度相手を見つけたらお金のかからない掲示板は、とても便利で助かっていました。掲示板の利用自体には多少の金額が必要となりますが、風俗に比べると微々たるものです。それで相手探しに成功すればたくさんセックスができるのですから、便利なのは言うまでもないでしょう。

この前も掲示板で見つけた女性と会って、セックスをさせてもらいました。知り合いと会うときは多少たたずまいも意識しますが、セフレと会うときは軽い感じのほうがいいため、服装などもラフにしておきます。

もちろん話し方もややチャラく、女性にとって馴染みやすい雰囲気を出します。お見合いなら真面目なほうが有利でしょうが、ただ単にセフレとして遊ぶ場合、真面目だと重く見られてなかなか仲良くなれないのです。

セックスのときは欲望を全開にし、普段我慢しているものをすべて出すつもりで楽しんでいます。性欲が解消できるのはもちろんのこと、普段の責務も忘れて過ごせるこの時間は、私にとってかけがえがないものです。

堅苦しい日々に疲れているなら、こんな風に遊んでみてはどうでしょうか?