お金に余裕のある人でもパパ活よりセフレ募集に応じるほうがいい!?

お金のある男性は、女性の『パパ活』に応じることがあります。
パパ活というのは『女性を支援することでデートなどを楽しむ関係』であり、支援の内容としては食事の奢りやなんらかのプレゼントが多いでしょう。

パパ活という響きから想像できるように、男性側はお金に余裕のある中年以降が多く、女性側は若くて可愛い人が多めです。まるで愛人のような関係であり、最初のうちは男性側も浮かれてしまうかもしれませんが…いくらお金があっても、パパ活はあまりオススメしません。

その理由は、『パパ活に応じるとセックスできない可能性が高いから』ですね。男性が女性に優しくするのは「セックスさせてくれるかもしれないし…」という期待があってこそですが、パパ活は『体と現金のやり取りはしない』という原則があります。

つまり、パパ活に応じて仲良くしていてもセックスはできず、せいぜいがデート止まりでしょう。中には「別にセックスしたくて仲良くしているわけじゃないし…」という紳士な男性もいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

とても可愛い女の子と仲良くデートをしていたら、ムラッとする場面は必ず出てきます。だというのに絶対にセックスができないと理不尽な気持ちになるだろうし、そのうちパパ活のコスパの悪さに嫌気が差してしまうでしょう。

だからこそ、お金のある男性でもパパ活より『セフレ募集』に応じるほうがオススメです。セフレを探している女性は当然セックスをさせてくれますから、会えばデートだけで終わることはないでしょう。そう考えると、より愛人に近い関係かもしれません。

私もそこそこお金のある中年として、パパ活には多少の興味がありました。「若い子と仲良くできて、チヤホヤされるのは気分がいいだろうな~」と妄想していましたが、あるときに「でも、パパ活ってセックスはできないんだよな…」と思ったら、急速に冷めてしまったのです。

そんなときに出会い系でセフレ募集をしている女性を見つけ、私は「セックスをさせてくれるなら、そのほうがいいのでは?」と気付いて会ってみることにしたんです。するとこれが大正解で、会ったその日にセックスができました。

そのセフレ募集をしていた女性は28歳とすごく若いってほどではないかもしれませんが、見た目はなかなか綺麗で若々しいため、とくに後悔はしていません。やっぱり、セックスできるかどうかっていうのは重要ですね。

セフレが相手でも食事を奢るくらいはしますが、パパ活よりもリーズナブルで安心です。