Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tfqrzfvy/public_html/icttp2016.com/site/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103

たまにセフレ掲示板で知り合った女性とアナルセックスをしていますがいいものです

男女を夢中にさせるセックスという行為ですが、毎回同じ刺激しか得られないと、やっぱり飽きてきますよね?人間はあらゆる刺激に慣れやすい生き物でして、繁殖のために欠かせないセックスですら慣れてしまい、おしどり夫婦であってもセックスレスになるのは珍しくありません。

そのため、セックスを楽しく続けるなら、『ときどき新鮮な刺激を与えること』が欠かせません。女性はセックスでの工夫を面倒がる人が多いものの、そういう女性ほど男性に逃げられやすく、『床上手な女性』というのはやっぱり人気が高いでしょう。

私のセックス相手はセフレ掲示板で見つけたA(仮名)という人ですが、セフレを探すだけあって床上手ですし、3ヶ月以上が経過した今でも飽きることはありません。この調子でセックスを重ねられるのなら、1年以上の付き合いも可能な気がします。

そんなAとのセックスで気に入っているのが、『たまに行うアナルセックス』ですね。実はA、すでにお尻の穴を経験してまして、最初はAからの誘いで体験したのですが…アソコに入れたときとは全然感触が違い、とてもいい刺激になりました。

アナルセックスの感触を言葉にすると、『ぎゅうぎゅうに締め上げられてそのまま絞られる』という感じでしょうか?アソコに入れたときはある程度の緩急があるのですが、アナルだと最初から最後まできつく締まり、男性は我慢することも難しいでしょうね。

セフレ掲示板で知り合って間もない頃は、Aとも普通にセックスをしていました。普通のプレイであってもバキュームフェラをしてくれたり、騎乗位で腰を振ってくれたり、十分Aはセックスが上手かったですよ。

しかしAもそろそろ違った刺激が欲しくなったのか、「ねえ、そろそろお尻の穴とか…興味ない?」と言ってきました。最初は意味が分かりませんでしたが、お尻の穴にも入れられたいと言われたときには驚き、私も大丈夫なのか不安でしたね。

ですが、アナルセックスがしたくないということもなく、セフレ掲示板を使うからにはいろんなこともしてみたかったので、提案を受け入れました。実際にしてみた感想については説明済みでして、射精のタイミングを調整することはできなかったのです。

そうなると毎回入れたくなるかもしれませんが、アナルセックスはときどきにしており、普段は違った工夫で刺激を楽しんでいます。アナルを使いすぎるのも負担が大きいですし、たまに入れるからこそ新鮮味もある…そう考えていますよ。