Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tfqrzfvy/public_html/icttp2016.com/site/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103

キスを使い分けよう

セフレに対してキスをするかどうかは人によって考え方が異なります。
セフレとセックスは出来るけれどキスは好きな相手としか出来ないという人もいるでしょう。
そうかと思えばキスは愛撫の一種だからセックスには必要不可欠でセフレとセックスをするならキスも当然するという人もいます。

どちらの考えも間違いではありませんし個人の考えを尊重するべきです。
そのためセフレに対してキスはOKかNGかは事前に確認しておくようにして下さい。
そしてキスはOKの場合はキスで相手を感じさせる必要があります。

キスで相手を感じさせるためにはいつも同じキスではダメです。
同じキスしか出来なければ単調になってすぐに飽きて刺激が少なくなってしまうからです。
好きな相手とのキスであれば嬉しいという気持ちがあるので単調なキスでもテンションが上がるかもしれません。

ですがセフレに求められるキスは刺激と快楽のみで恋愛感情は求められていません。
だからこそキスを使い分ける必要があると言えます。

ではキスにはどのような種類があるのかいくつか紹介していきます。
「バードキス」とはその名の通り鳥のくちばしのように唇を尖らせてするキスの事です。
キスをするための導入のキスとしても使う事が出来ます。

また唇以外にもいろんな場所にキスをする事で愛撫となります。
深いキスだけが感じるキスではなく軽いキスを焦らすようにして緩急をつける方がキスで感じるようになります。

「スライドキス」とはキスをした状態でスライドをするキスです。
スライドキスは舌を入れる前のキスなので唇をはむように動かすと効果的でしょう。

スライドキスと同様に唇をはむキスとして「バインドキス」と呼ばれるキスがあります。
口全体を使ってまるで相手の唇を食べるように挟み込みます。
そして軽く噛んだり唇を舐めたりしながら徐々に軽いキスから深いキスへ移行していきます。

「ニプルキス」は舌のみを使い唇は重ねない少し変わったキスです。
焦らすようにゆっくりと舌を動かし相手を焦らすのがポイントです。

「ディープキス」は深い激しいキスというイメージが強いかもしれません。
ですがずっと激しいキスでは疲れてしまうのでディープキスの中でも緩急をつけて時にはついばむようなキスも織り交ぜる事をお勧めします。

今紹介したキス以外にもまだまだキスの種類はたくさんあります。
キスとは唇を合わせるだけ舌を絡ませるだけと思っているとしたらキスの認識は不十分です。
キスだけで相手をトロトロに感じさせる事が出来るぐらいいろんなキスが出来るようになりましょう。