Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tfqrzfvy/public_html/icttp2016.com/site/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103

セフレの体を洗っていたら「もっと綺麗にして…」と甘えられたのでそのまま最後までしました

AVには『男を興奮させる台詞』がよく使われていますよね?男のおかずにするために作られたのですから当たり前といえばその通りですし、「これも台本で言わされているんだろうなぁ」と思うでしょうが、それでも股間は反応しますよね?

セックスというのはコミュニケーションの一種ですから、台詞というのは大切です。盗撮風のAVなら台詞が一切ないこともありますが、普通にセックスする場合はやっぱりやり取りが重要ですし、これが適当だと萎えてしまうかもしれません。

ただし、自分たちがセックスするときもたくさんの言葉を交わすかと言えば、一概に言えないでしょう。そもそもAVの台詞というのは結構狙っている感じが強いため、むやみやたらに口にすると逆に萎えてしまいます。

とくにオタク向けの作品だと「こんなの、アニメや漫画でしか聞かないよ…」という台詞が多く、実際のセックス中に言ってもらったら逆に笑ってしまうでしょう。そのため、最低限の言葉のみでセックスを行うカップルは多いです。

そういう最低限のやり取りも悪くない…のですが、この前セフレとセックスしてきたときには『意外と言われたことがないそそる台詞』を言われまして、正直かなり興奮したし、その勢いに任せてセックスしたらすごく盛り上がりました。

実は私には、出会い系で見つけたセフレ(以下A)がいます。Aは結構セックスが好きなのですが仕事のせいでなかなか新しい彼氏が見つからなかったらしく、出会い系で私と話していたら催してきたようです。

会話の内容は普通…でしたが、お互い欲求不満ということもあって下ネタも多く、それで「なかなかセックスできていないし、しちゃう?」みたいな話になりまして、セフレとして会うことになりました。とりあえず1回してみて、相性がいいなら続けて会う…そんな感じです。

Aは普通に可愛く、仕事が忙しくないならすぐに男が見つかりそうなイメージでした。ただ、セックスが好きで相手が疲れていても求めることがあったから、それが原因でフラれるケースも多いようです。性欲の強い私としては、むしろ歓迎ですけどね。

ちなみにそそる台詞については、一緒にお風呂へ入っていたときに聞かせてくれました。私がAの体を(エロい部分も含めて)洗っていると我慢できなくなったのか、「もっと綺麗にして…」と甘えてきたのです。

女性から洗って欲しいなんて言われるとやっぱりこちらもやる気になりまして、お望み通りくまなく洗い、お風呂にて最後までしちゃいました。