セフレ募集をしたのは寂しさを紛らわすためなのか・・・

僕がセフレ募集をしようと思ったきっかけは長年付き合った彼女と別れたことによる寂しさを紛らわすためだった。最初はほんの遊びの気持で始めたセフレ募集だったのだが、気がつけば僕はセフレ募集にのめり込んでいた。

セフレ募集のきっかけは単純

彼女とは7年間ほど一緒に暮らしたのだが、そこにいるはずの彼女はもういない。心にぽっかり穴が開いた感じだ。
家事全般は僕の仕事だったので生活には何一つ不自由は無い。

しかしそんな生活が3日も過ぎると人肌が恋しくなってくる・・・

気がつけば僕はセフレ募集をしていた。そこで出会ったとあるサイトにより僕の人生は一変する。

出会い系サイトでセフレ募集

セフレ募集には出会い系サイトへの登録は必須だ。エントリー自体は1分と掛かることは無くとても簡単だ。

登録後早速セフレ募集掲示板で見かけた女の子を探す。その間にも僕好みの女の子が次々に見つかる。とにかく自暴自棄に陥っていた僕は片っ端から女の子にメールを送った。

登録後5分くらいにはすでに20人近くの女の子へメールを送っていた

1時時間もたたないうちに返信が来る。中でも面白かったのが『おなかすいた・・・』というメールだ。
なんだか不思議な娘だな・・・そう思いながら彼女とメールのやり取り。

彼女の名前は茜ちゃん。19歳の大学生だという。彼女と別れたすぐの僕は誰でも良いからセフレ募集をしていたから最初のインパクトで彼女に決めた。

最初のメールが空腹を訴えるものだったのでとりあえず食事に連れて行くという名目で彼女を誘う。

『えっ、ご飯奢ってくれるの?行く行く~』

やっぱり不思議な子だ・・・

約束の場所に向うと小柄な黒髪の女の子がまっていた。身長は目視で154cmくらいか。胸はちょっと控えめのBカップか・・・
まがい無く彼女が茜ちゃんだ。

出会った後は約束どおり食事へ向う。もちろん僕の奢りだ。とは言え近くにはファミレスくらいしかないが・・・

食事をしながらお互いのことを話す。どうしてセフレ募集をしようと思ったのかというところに関しては二人とも共通する部分があったのですぐに意気投合した。

カーセックス

食後は誰もいない公園の駐車場に車を止めてカーセックスをした。ホテルに行っても良かったのだが、未成年をつれて歩いているとなると色々と面倒くさい。僕はとにかくセックスが出来ればそれで良かった。

揺れる車体と彼女の身体、そして胸・・・
うーん・・・
着痩せするタイプなのかな・・・
最初の見立てではBカップだがどうもDカップくらいはあるんじゃないか・・・

そんなことを考えながら腰を振っていたせいか、

彼女の中に出してしまった・・・

『あっ、ごめん考え事してて・・・』
『もしかしてうちに見とれてた~?』

『うん、まあそうなんだけど・・・(主に茜ちゃんの胸にとは言えない・・・)』
『エッチ~。罰としてもう一回して~ww』

茜ちゃんのおねだりを聞くということでこの後僕は3回ほど盛大に逝った。そのたびに飛び散る汗と何か・・・彼女の下半身からも透明な愛汁と身体や額から汗が流れていた。汗と体液の混ざった匂いが鼻腔を刺激する中僕と茜ちゃんは交わりあった。