セフレ募集をしていた彼氏持ちの子はリードされるのがお好き?

最近の女性はかなり自立してきたというか、しっかり者が増えた気がします。男性が草食化して大人しくなる一方、女性は肉食化してアクティブになっているのか、女性から男性に告白することも珍しくないようです。

そうなると男性側は「面倒だし、相手に任せればいいか」なんて考えてしまいがちです。男性でも好き好んで引っ張りたがる人はすごく多いというわけではなく、「自分がリードするしかないから…」とやむを得ず引っ張る人がそれなりにいるため、女性が引っ張ってくれるならそれに任せたいと思うのは普通でしょう。

そして男性が引っ張られる側に甘んじすぎると、女性側は不満を持ちやすいのです。最近の女性は勝ち気でリードされっぱなしをよしとしない反面、「たまには男らしく引っ張って欲しいな~」という本音を持ちやすいのですね。

それなのに恋人や夫が全然リードしてくれない場合、『自分をリードしてくれる王子様のような男性』に惹かれてしまいます。男性をリードするのに疲れた女性がグイグイ迫ってくる人と浮気するのはよくあるケースであり、普段はパートナーに任せっきりという人は少し注意しましょう。

リードされたがる彼氏持ちの子は、出会い系でセフレ募集をすることがあります。セフレという関係ならば一時だけで終わらせることができるため、普段は夢見るだけのお姫様気分を、お手軽に体験できるというわけです。

私がこの前見つけた彼氏持ちの子も出会い系でセフレ募集をしてまして、「彼氏が年下で頼りないから、リードしてくれる人と遊びたいなー」と理想を語っていました。ちなみにこの子の年齢もまだ25歳なため、本当なら引っ張ってもらいたいのでしょう。

そんな彼女の願いを叶えるべく、私はセフレ募集に応じたらこちらからデートプランを提案しました。こういうプランって考えるのが面倒そうに見えるかもしれませんが、過去に一度でも彼女を作ったことがあれば、そんなに難しくはありません。

典型的な女性好みのデートコース(オシャレなレストランでの食事と夜景観賞)に誘ったら喜んで会ってくれて、終始ご機嫌でした。ご機嫌な相手をラブホテルに連れ込むというのは赤子の手をひねるほど簡単なことで、雰囲気に酔っている相手の体を隅々まで楽しませてもらったのです。

リードするのが苦手な男性でもしっかりと訓練すれば、女性とさらに仲良くなれます。これはセフレと遊ぶときでも役立ちますので、セックスだけしたい男性にもオススメです。