Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tfqrzfvy/public_html/icttp2016.com/site/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103

セフレ掲示板に多い無責任男

セフレ掲示板を利用すれば一緒にセックスを楽しめるセフレを作る事が可能です。
セフレ相手には嫉妬や恋愛の面倒くささがないので気楽に付き合える関係です。
しかしセフレは恋人のように大切にしたい相手ではありません。

セフレ掲示板ではお互いの個人情報を教え合わない事も珍しい事ではありません。
Gメールなどのフリメでやり取りをしていてHNで呼び合っていたら相手を特定する要素は何もありません。
実際に会ってセックスをしていても匿名性が守られている状態だと言えます。

匿名性が守られているというのはある意味安全ですがある意味危険でもあります。
自分の匿名性が守られているため日常生活に支障が出る事がないという安心感があります。
ですが自分だけでなく相手も匿名性が守られているのでセフレには何をしてもいいと思っている訳です。
つまり何をされるか分からないという危険があり安全性は相手の良心にかかっていると言えるでしょう。

仮に恋人とセックスをする時は恋人を妊娠させてしまっても今すぐ結婚という責任を取る事が出来ません。
それなら生でセックスをしたくても結婚して子作りを考えるまでは生でセックスはしないで避妊をする。
一時の快楽のためだめに恋人を妊娠させて中絶させるなんて事はしないで、ちゃんと我慢する男性が多いはずです。

しかしセフレに関しては当然結婚をする気なんてありませんが妊娠をしてもバックレてしまえば逃げ切れると考えるわけです。
法律的に見てもセフレとセックスをして妊娠させたからといって刑罰になる事もありません。

そもそもセフレがいる事は周囲に公言する事が出来ないので妊娠をすれば女性は泣き寝入りして周囲にバレないように自己負担で中絶するしか方法はありません。

本来であれば避妊せずにセックスをした男性が中絶費用を支払うべきです。
ですがそもそも生でセックスをする場合妊娠の結果が出る前に1度限りの関係として姿を消すでしょう。
実際にセフレ掲示板で起こるトラブルとして「生で挿入されて性病を移された」「中出しされて妊娠した」という声も聞こえてきます。

中にはセフレを作るなら女性はピルを服用しておくべきだなんて避妊しない事を正当化する男性すらいます。

どっちにしろ男性はセフレに対して責任がないから恋人に出来ない無責任な事を平気で出来る相手だと考えている人は少なくありません。
だからこそ女性もセフレを作るなら絶対にセックスでコンドームを使用してくれるかどうか、嫌がる事を強要しない相手かどうか最低限相手の事を知る必要があると言えます。