セフレ掲示板の面倒のなさはあまりにも魅力的です

現実世界でも『すぐにセックスできる相手』というのは見つけることができまして、とくに『飲み会でのお持ち帰り』をすれば、予想以上にあっさりとセックスできるでしょう。こういうのは学生時代の新歓コンパのイメージが強いですが、社会人でもチャンスはあります。

会社によっては新人歓迎などがあり、そうなると飲みの席も用意されますので、好みの子に狙いを定め、泥酔を待てばOKです。そう考えると「わざわざセフレ掲示板とかで探す必要はないかも?」と思うでしょうが、それは違います。

ぶっちゃけた話、現実世界でのお手軽セックスというのは、なかなか成立しません。とくにお持ち帰りの場合は合意かどうか微妙なラインでして、相手の酔いが覚めたとき、血の気が引くような経験をするかもしれないのです。

というか、私がそうでした。会社で前々から気になっていた女の子がいまして、私もたくさん飲ませることでお持ち帰りができて、ラブホテルにて熱い夜を過ごせました。しかし、翌朝は鬼の形相をした彼女が私を睨んでおり、「意識のない子を犯した気分はどうですか?」と言ってきたのです…。

私は酔っている際にOKしてくれたと真実を伝えたものの、相手は「酔わせてコントロールするのは最低」ともっともな反論をしてきて、許してもらうためにさまざまな手段を講じることになりました…詳しい内容は省きますが、私はいろんなものを失ってしまい、職場も変わることになったのです。

これ以降は、お持ち帰りは絶対にしないと心に誓い、セックスしたいときは素直にセフレ掲示板を使っています。ネットでのセフレ探しは多少面倒に見えるかもしれませんが、実際はお持ち帰りなんかよりも圧倒的に安全で、面倒もありません。

こういうセフレ掲示板で会う約束をした相手とは『完全に合意の状態でセックスができる』という当たり前が守れるため、私のケースのような心配もないのです。実際にヤバい状況になった立場からすると、これだけで「ああ、やっぱりセフレっていいなぁ…」と痛感します。

セックス相手を見つけるのが簡単なだけでなく、別の子に切り替えるのも簡単でして、「そろそろ違う子も楽しみたい!」と思ったら、あっさり関係も終えられるのがうれしいですね。やっぱりセックス相手を探すなら、セフレ掲示板に限ると思います。

なお、かなりのイケメンや金持ちの場合はお持ち帰りも安全性が高いため、自信のある方だけチャレンジするのもいいでしょう。もっとも、それでも絶対に安全とは限らないので、セフレのほうがおすすめですけどね。