今でも妻とやりまくりたい私がセフレ掲示板を使う理由

セフレ掲示板を使っている私ですが、妻に魅力がないからという理由ではありません。
むしろ、私の妻は本当に魅力的な女性でして、顔付きもさることながら、その体つきは絶品としかいいようがありませんでした。

プリッとしたお尻をしているので、短めのスカートを履いているときはついパンツを覗きたくなります。「妻のパンツくらいいくらでも見られるだろ…」と呆れるかもしれませんが、魅力的な体をしていれば、パンチラを見るだけでも本当にうれしくなるのです。

また、胸についても非常にいい感じでした。
いわゆる『釣り鐘型』と呼ばれる形をしており、大きさこそ平均よりやや上くらいですが、垂れたりする様子もなく、いくら揉んでもしっかりとした感触を維持していたのです。

結婚してもう6年が経過していますが、妻さえOKしてくれるなら1日中でもセックスできるほどでして、本当にOKしてもらいたいのですが…それは叶いませんでした。
一応妻も、新婚のうちは私に付き合ってくれていたのです。

しかし、結婚後もバリバリ働く妻は女性ながらも出世街道に乗ってまして、最近は「このままいけば、社長も夢じゃないかも!」なんて目を輝かせているのですね。
妻の成功はうれしいと言えばその通りなのですが、仕事が忙しいと夜の性活はどうなると思いますか?

そう、出世街道を突き進む妻は「ごめんなさい、明日は朝イチで大事な会議があるから…」なんて言うようになり、私は『エロい体をした妻がいるのにお預け状態』という、天国から一転して地獄に突き落とされたかのような、深い悲しみに包まれたのです…。

大げさに聞こえるかもしれませんが、目の前に極上の雌がいるのに種付けできないなんて、雄としては本当につらいのです。そんなわけで、私は妻に抱いている劣情をセフレ掲示板で見つけた女性にぶつけ、無理矢理妻を襲うといった事態は回避できていました。

知っている人も多いですが、夫婦であっても同意のないセックスは犯罪ですので、さすがの私も我慢していたのです。ただ、妻はセックスはともかく添い寝は好きなようで、あの体でいつも寄り添ってくるものだから、毎回勃起を堪えながら眠っていました…。

こんな日々で我慢ばかり続けていると、いつ襲っても不思議ではありませんよね?だから私はセフレ掲示板を使い、なんとか魅力的な妻に手を出さずに済んでいました。我ながら紳士的だなぁ…なんて思うものの、やはりやりきれない気持ちはあります…。

なお、セフレ掲示板にいる女性もなかなか魅力的なので、その点についてはかなり助かっていると思います。