仕事に疲れた女性が気分転換にセフレ募集をしていたので相手をしたらすごく感謝されました

仕事で疲れてしまった場合、なんらかの方法で気分転換しないといけません。仕事がお好きという方なら気分転換なしでも大丈夫かもしれませんが、大多数の人は生きるために働いているだけで、気分転換をしないとやってられないでしょう。

そして気分転換の方法というのは、たくさんありますよね?男性の場合はゲームやスポーツが多く、女性は買い物や甘いものを食べて気分転換をする方が多いように感じます。ちなみに私の場合、読書とセックスが気分転換の方法でした。

読書と言っても小説だけでなく、漫画や自己啓発本など幅広く読みます。また、男ということでエッチな漫画も結構好きであり、お気に入りの作家を見つけたらSNSをフォローし、新刊情報をチェックしていますよ。

そして、漫画でオナニーするだけでなく、セックスもしています。男にとってエロというのは非常に魅力的なものであり、ときにはエロを完全に断とうとする人もいるのですが、ほとんどの方は途中でギブアップしているでしょう。

そんなわけで、私も不用意なエロ断ちはしないようにしており、出会い系でセフレを探してはセックスを楽しんでいました。なお、セックスをしての気分転換を希望するのは男性だけでなく、女性であってもセフレ募集をしていることがあります。

私が出会い系で見つけた女性も、仕事に疲れたということでセフレ募集をしていました。ちなみにちょくちょくやっているわけではなく、これが初めての募集とのことで、ちょっとだけ緊張しているというか初々しさがありましたね。

出会い系に慣れていた私が声をかけると喜んでくれて、程なくして会う約束が取れました。セフレ募集に慣れていない女性ほど誘い出しやすいとは言いますが、この人についても同じことが言えるでしょう。

出会い系ではわりとテンションも高かったのですが、実際に会ってみると大人しいというか、ダウナーな雰囲気もあります。今の仕事があまり楽しくないようで、ストレスで押しつぶされそうになっていたらしく、「そういえば、最近してなかったから、久々にセックスしたいなぁって思って…」と語っていました。

そんなわけで、相手をしたらすごく感謝されました。仕事に疲れているということでまずはマッサージから始めまして、最初は優しく、それでいて途中からは性感マッサージに移行し、徐々に気持ち良くなってもらったのです。

マッサージで体がほぐれたのか、セックスを始めるとすごく気持ち良さそうで、事後には「すごく気持ち良かったし、疲れも取れたかも…」とご満悦でした。