妻がセフレ掲示板を使ったことでセックスがさらに盛り上がるようになりました

私と妻はお互いセックスが好きで、付き合っている頃からよく体を重ねていました。デートすれば生理のときを除き必ずセックスをしていたし、お互い長期休暇になったら旅行し、もちろん宿泊先でもセックスしまくっていたのです。

そしてそのまま結婚もでき、しばらくの間は毎日のように体を貪り合いました。夫婦になってからもお互い性欲は衰えませんが、ある日の私の軽口が妻のとんでもない行動につながり、そしてさらにセックスが盛り上がるとは思ってもいませんでしたね。

妻とのセックスは私の楽しみではありますが、そんな妻にも欠点がありました。それはフェラが苦手ということであり、多少はくわえてくれるものの、イマイチ気持ちよくはなれなかったのです。で、妻とのセックスにも大分慣れてきた頃、つい「フェラ、下手だよね」と言ってしまいました。

最初は笑っていたものの、私は調子に乗って無遠慮な物言いになってしまい、「この際、セフレ掲示板を使って練習してきたら?」と指摘したら、さすがに怒られたのです。そこで私も言い過ぎたと反省しましたが、しばらくは口も聞いてくれません。

そんな日々が2週間ほど続いたあと、妻が急に誘ってきて、私は戸惑いつつも相手をしました。で、このときにしてくれたフェラがとても上手くなっており、口で出すほどに感じてしまったのです。ここまで急成長していると、心穏やかではありません。

まさかと思って上手くなった理由を聞くと「あなたに言われた通り、セフレ掲示板で練習させてもらったけど?」と言い放ったのです。つまりはほかの男のアレをくわえたわけで、私は一瞬頭が真っ白になりました。

しかし妻がセフレ掲示板を使ったという事実を脳が受け入れたら、股間は一気に堅くなりました。そして妻の服を乱暴に脱がせつつ「口だけじゃなくて、ほかのこともしたでしょ?」と問い詰めます。

妻は豹変した私に少しだけ怯えつつも、暴力を振るう様子はないのに安心したのか、私の手技に感じつつ「ご、ごめんなさい、こんな風に触られちゃいました…」と浮気を告白します。愛する妻の不貞を聞きながらのセックスは、悔しいですがすごく興奮しまして…。

世の中には寝取られというジャンルがありますが、それにハマる気持ちが分かってしまいました。もっとも、今回は私の発言が原因なので怒れませんし、離婚する気もありません。むしろ、新しい興奮材料を用意してくれたことに対し、内心で感謝しています。

あれからは妻も反省してセフレ掲示板は使っていないようですが、私は「ああ、また使ってもらおうかなぁ」と考えることもありますね。