妻は全然調教向きじゃないのでセフレ掲示板でそういう相手を探しました

女性を調教して自分好みの雌に変えるというシチュエーションは、男の征服欲求を満たしてくれていいですよね?口では「女性には優しくしないと!」なんて言っていても、内心ではどす黒い欲望を抱えていることも多く、親密な関係になれたら本性を現すかもしれません。

また、フェミニストを自称する有名人も実際は驚くほどの女遊びをしていたりするし、結局は人間も欲望には勝てない動物なのです。私も「Mな女性を調教して楽しみたい…」という欲望を隠し持っており、それは日に日に増大していきました。

しかし、私の妻は全然調教向きではありません。結婚したくらいだから愛してはいますが、セックスについては堅物なところがあり、しかも我が強いから言うことを聞いてくれませんでした。ちょっとそれっぽいことをしようとしたら「ダメ!」と即答します。

それに逆らえば怒られるのは目に見えているため、妻はまったく調教に向いていません。「強気な女性を調教するのがいいんじゃないか!」なんて話す男性もいるでしょうが、実際は強気な女性に迫ってもいい結果にはならず、場合によっては離婚もあり得ます。

だから妻の調教は諦めまして、『自ら調教を希望する女性』を探すことにしました。つまりは浮気ですが、妻と別れる気はありませんので、あくまでも遊ぶだけです。強いて言えば、風俗を使う感覚に近いですね。

「自分から調教して欲しがる人なんているの?」と思いそうですが、セフレ掲示板をチェックすると案外いたります。こういう掲示板にはいろんな女性がいまして、普通に相手を求める人もいれば、マニアックな要求をしている人もいるのです。

私が目をつけたのは「前の彼氏に散々エッチなことを仕込まれたから、ウズウズしてます…」と書き込む女性です。セフレ掲示板にこういうことを書き込むのはMっ気のある人が多いと思い、ちょっと話してみたら予想通りでした。

私が調教したいという気持ちを素直に伝えたら「たくさん気持ちよくしてください…」なんておねだりしてきたので、すぐに会う約束をしたのです。調教という言葉に興奮するなんて、最初から見どころがあります。

そして実際にやってみたのが、拘束プレイでした。相手の両手と両足を縛り、自由を奪ってからバイブを挿入します。スイッチをオンにしたらあえてこちらは眺めるだけで、相手は羞恥と快楽に身もだえしていました。

私も我慢できなくなってから挿入するとすぐにいってしまい、調教し甲斐のある女性と仲良くなれて幸せです。セフレ掲示板なら、こういうマニアックな欲求も満たせていいですね。