気になっていた子が恋人募集ではなくセフレ募集をしてきた件

掲示板にはたくさんの女性がいるため、使い始めてすぐに「この子、ちょっといいな…」と思う相手を見つけられます。最近の掲示板は自分の写真を載せるのが一般的ですので、どんな顔かある程度分かるのですが、直接会うのと違って相手に期待しやすくなるのです。

私も掲示板を使っていたら、A(仮名)という結構気になる子を見つけました。
Aは26歳で販売系の仕事をしているらしく、話し好きなのかメッセージを送るとすぐに返信してくれます。やっぱり、筆まめな相手には好感を覚えますよね?

そんなわけで会話を重ねていたら仲良くなり、「こういう子を恋人にしてみたいな~」なんて少し浮かれていました。とはいえ、掲示板でもがっつく男は嫌われやすいから、Aの様子を見ていたのですが…驚きの提案をしてきたのです。

Aは恋人募集ではなく、セフレ募集をしてきました。
たしかにAと仲良くなったらセックスもしたいと思っていましたが、それは恋人になった上での話であり、それをすっ飛ばしてセックスするなんて予想外だったのです。

ちなみにAも私のことが気になっていたものの、それはセックスの相手としてであり、恋人は今のところ探していないと話していました。それを聞いてがっかりしたのも本音ですが、セフレ募集をしていた以上はセックスできるというわけで、断れなかったのです。

セフレになると伝えたらAも上機嫌になり、これまで以上にエロに対してストレートになりました。好きな体位や興奮したプレイなどを教えてくるAは本当にセックスが好きなのが分かり、その辺の男よりも性欲に正直なのが分かりましたね。

最初は恋人にできないことを残念に思っていた私ですが、そういう話を聞いてくるとムラムラしてきて、「せっかくセフレ募集に応じたんだし、セックスを楽しむか…」と割り切るようになりました。男なので、やっぱりセックスできるというのは嬉しいのです。

すでに掲示板でAの写真は見ていましたが、実物も十分綺麗で、内心ホッとしていました。
いくらセフレといっても見た目がいいに越したことはなく、今日は楽しめそうだと思って楽しく感じたのです。やっぱり、セフレという関係も悪くないですね。

自分からセフレを探すAは、やっぱりセックスでも積極的です。相手から乳首を舐めてきたときにはゾクゾクとしたし、手コキもほどほどに焦らしてくるから、レベルの高い風俗で遊んだことを思い出します。

Aとはまだセフレとして続いており、その関係も悪くないと思っていますよ。