産後の妻とはとてもセックスできる雰囲気ではなかったのでセフレ掲示板を使いました…

自分で言うのもなんですが、私と妻はとてもラブラブでして、妊娠するまでは毎日甘ったるいセックスをしていました。最初はお互い愛の言葉を囁きながらスキンシップをして、キスもしたら舌を絡めつつ愛撫を始めます。そして挿入中もずっと舌を絡め合い、情熱的にピストンしていたのです。

もちろん夫婦なので避妊もせず、そのまま数ヶ月ほどしたら、無事に妻も身籠もりました。さすがに出産までは安静にしないといけないから、私も妻を求めないようにして、妻も「早く出産して、またイチャイチャしたいね♪」なんて言ってくれたのです。

ですが、その言葉通りにはいきませんでした。出産を終えて授乳を開始した妻は、なんだかとても攻撃的です。私が授乳の様子を見ていると「なに?見ないで!」と怒るし、セックスに誘おうとすると「赤ちゃんが夜泣きして疲れてるから!」と切り捨てます。

そして普段の疲れをねぎらうためにデートへ誘うと「赤ちゃんがいるのに、行けるわけないでしょ」と素っ気ないです。そんな妻の変わりように「これまでの新婚生活はなんだったのか…」と思わずにはいられなくて、薄ら寒い気持ちになりました。

職場の既婚者である先輩に聞いてみると「女って出産すると子供中心になって、夫でも邪魔なら攻撃するようになるからな。しょうがないって」と苦笑しつつ教えてくれたのです。それならしょうがない…と私も思いかけましたが、やっぱり納得はできなくて…。

ちなみに納得できない理由は『セックスができないこと』に起因しており、このムラムラのはけ口を求めていたのです。夫婦ならセックスするのが普通だし、無事に出産もしてくれたなら応じるのが当たり前…そう思っていた私にとって、現状は受け入れられないのですね。

その結果、私は妻とのセックスを諦めて、セフレ掲示板にてセックスを求めました。今でも私は妻に対して腫れ物を扱うかのような態度で接していますが、セフレ相手なら別ですね。

セフレ掲示板では簡単にセックス相手が見つかるし、妻相手のような気遣いも不要です。それだけで私はすっかり癒されたような気分になりまして、「ああ、本当は妻ともこうしたいなぁ…」と思ってしまいました。

もちろんそれはできないから、これからもセフレ掲示板を使い、そして妻に内緒で性欲を処理するでしょう。なお、先輩の話だと「授乳が終わると、案外優しくなるぞ」とのことですが、それまで待つことはできないし、なにより元に戻る確証もないんですよね…。