遠恋中の女性は浮気の興奮が忘れられずにセフレ募集をしてしまう

遠距離恋愛中の女性が、寂しさに負けてつい浮気をしてしまう…こんな話は誰もが耳にしたことがあるでしょう。女性は寂しさに弱く、とくに愛する人と離れるのは大変つらいと感じるため、それを忘れるためにもほかの男性と浮気するのです。

浮気という行為はとても刺激的で、している最中は彼氏のことも忘れられるほど興奮します。また、男性の肌に触れることで温もりを感じられるため、心細さも感じなくて済むのでしょう。浮気という行為は、これからも消えることはないでしょうね。

また、遠恋中の女性はほかの男に狙われやすいとも言えます。寂しそうにしている女性というのはやっぱり男からしても放っておけない…というか、隙だらけに見えてしまうのです。とくに周囲に遠恋中だとアピールしていたら、「彼氏がいないし、案外誘えそう…」なんて思われるかもしれません。

私が出会い系で見かけたA(仮名)という女性も、遠恋中でありながらセフレ募集をしていました。実はA、これが初めての浮気というわけではなく、『一度浮気をしてしまったらその興奮が忘れられず、またしたくなって相手を探してしまった』という経緯があります。

Aが初めて浮気したのは、彼氏と遠恋を開始してから2ヶ月が経過した頃です。最初のうちは健気に我慢していましたが、少し経つと連絡なども減ってきて、どうしても寂しさが抑えられませんでした。そんなとき、同じ会社に勤めるヤリチンに慰められて、そのままお酒の勢いに任せてセックスをした…これが経緯です。

そのヤリチンは好みではなかったので、1回きりで終わりました。しかし、そのときにした浮気セックスは大変気持ちよく、彼氏とする以上に乱れてしまったのを自覚していたから、「またあのときみたいなセックスをしたい…」と思ってセフレ募集をしてしまったのです。

出会い系でセフレ募集をすればたくさんの男性が声をかけてくるため、相手探しは難しくありません。私がAに声をかけたら写真を要求され、お互い交換したところ容姿は合格だったらしく、そのまま会う約束も取り付けられました。

Aはやっぱり彼氏の温もりが恋しいのか、セックスのときは密着してくることが多いです。寂しがり屋な女性はこういうプレイが好きだとされますが、Aを見ているとそれも納得できる感じですね。もちろん、私としても気持ちよかったので文句はありません。

遠恋中の女性はこんな感じで遊びやすいので、出会い系などで見かけたら誘ってみるといいですね。