酷い夫を持ってしまった人妻が掲示板を使うのは仕方のないこと?

掲示板を使う人妻というのは、やっぱりいろいろな人から非難されますよね?結婚しているのにほかの男と会い、しかもセックスまでしてしまえば、非難されるのはしょうがないかもしれません。しかし、結婚しているのにそういうサイトを使ってしまうのには、それなりに理由があったりします。

とくに『酷い夫を持ってしまった人妻』であれば、掲示板を使ってしまうのも仕方ない…そう感じてしまうことがあるでしょう。浮気はする側が1番悪いのですが、される側にも問題があるケースが多いのです。

私の体験談から言わせてもらうと、佳奈美さんという女性も酷い夫に悩まされていました。
酷いといってもDVを受けているとかではなく、主に夜の性活にまつわるものでして、だからこそほかの男とセックスしたくなったのでしょう。

佳奈美さんから聞いた夫の話を総合すると、『デブな上にセックスが下手くそ』という感じです。百歩譲ってデブは見逃すにしても、セックスまで下手くそとなれば夜も苦痛でしかなく、佳奈美さんは「これさえなければ悪い人じゃないんだけどね~」と話していました。

佳奈美さんと夫は合コンがきっかけで知り合い、最初は佳奈美さんも見向きもしなかったのですが…その頃の夫はデブではあるものの一途であり、しかも会社経営者ということでお金にも余裕があったから、「この人となら、まあ不幸にはならないかな?」と佳奈美さんも思ってしまったのです。

しかし、セックスを始めると夫は豹変しました。
どうやらAVが大好きらしく、見よう見まねのプレイをしてくるものだから、佳奈美さんからすると「デブがキモい言葉攻めをしてくる…」という感じで、すでに苦痛だったのだとか…。

それでも結婚したのは、やっぱりお金があってこそですね。セックスのとき以外は優しいらしく、お金をまったく惜しまないから、佳奈美さんも結婚を決意しましたが…セックスと体型はいつまでも改善せず、ついに出会い系を使ってしまったのです。

夫にも散々アプローチされていたように、佳奈美さんはまさに美人という感じで、人妻になった今もちょくちょく言い寄ってくる男はいるみたいです。ただ、身近な男と遊ぶと夫に勘付かれると警戒しているのか、セックスしたいときはネットで探すほうがいいと話していました。

そんな佳奈美さんですが、セックスに対してうるさいわけではなく、普通に進めていたら喜んでくれます。そうした反応から見ると「どれだけ夫は酷いんだ…」という感じですが、私がそれを考えても仕方ありません。

酷い夫がいたら、こういう息抜きがないとやってられないのでしょう。