Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tfqrzfvy/public_html/icttp2016.com/site/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103

食事とトイレ以外はずっと絡み合っていました

私はとても性欲が強く、とくにセックス相手が好みのタイプだった場合、1日中でも絡み合っていられます。射精直後は多少勃起力も落ちますが、イチャイチャしていればすぐに復活するため、つい何度も求めていましたね。

大学生のときもお金はないのに時間だけはあったから、休みの日は彼女と1日中セックスすることもありました。彼女も最初は「せっかくの休みなのに…」とふてくされていましたが、そのうち快楽の虜になりまして、1日中でも付き合ってくれるようになりましたよ。

大学を卒業してからも性欲については健在でしたが、彼女とは会わなくなっていたので、休日は『セフレ募集掲示板』を使うことが多かったですね。
この掲示板では、昼間から会える子なら1日中セックスすることも可能なので、相手探しにも力が入りました。

2週間前の土曜日も真琴さんという女性と昼過ぎに会うことになりまして、「早めに家へ連れ込んで、セックスしまくってスッキリしよう!」と決意したのです。
真琴さんが昼間から相手を探していた理由は不明ですが、セフレ募集するだけあって、早くやりたそうな雰囲気を漂わせていました。

真琴さんに少しだけ話を聞いたところ、とくに行きたい場所もないとのことで、合流したらすぐに家へと向かいました。一応コンビニだけは寄って食料を購入しておき、「これだけ買っておけば、セックスの休憩中も大丈夫だな」と考えたのです。

家に到着したらすぐにシャワーを浴びてもらい、いよいよセックスを開始しました。
最初のうちから飛ばすのももったいないので、まずは30分以上時間をかけて愛撫をし、スローセックスからスタートしたのです。

その後はあまりペースを上げすぎないように遊んでいたら、すぐに夕方になりました。
真琴さんはさすがにもう私が満足したと思ったのか、買っておいたご飯を食べていたのですが…食後にまた私が求めると驚き、「え?本当にまたするんですか?」と言ったのです。

もちろん答えはYESで、ここからは夜の部が開始されました。
すでに夕飯は食べ終えているので、トイレ以外はほぼずっと絡み合っており、何度も復活する私のペニスに真琴さんも感じていたようです。
ただ最後のほうはもう意識も朦朧としていたようで、翌朝は「途中からはなにをしてたか覚えてない…」と苦笑していました。

セックスが大好きな男性にとっては本当に最高のサイトですので、興味のある人はぜひチャレンジしてください。